当事務所の理念(事業目的)

弁護士加藤の信条

 

 依頼者に、気持ちは寄り添いつつも事実をくまなく聴取したうえで、法律及びその趣旨を分かりやすく提示することで、裁判・調停等、あらゆる場面において第三者から正しい評価を得られるよう尽力します。

 裁判所に、事実及び各業界の経験則を分かりやすく代弁することで、依頼者の利益を守りつつ、一時的ではない民意や良心がどこにあるのか、その判断を仰ぎます。


  当事務所は、基本的には、既に発生している民事紛争を裁判手続等を利用して解決することを目的とした事務所です。

 依頼者の方々が、一刻も早く安心して本来の仕事などに集中できるよう、事案解決のための道筋を可能な限り早い段階で提示し、その際、当方に望ましい解決のためにいかなる事実や証拠が必要で、訴訟の進展によりどのようなリスクが生じ得るのかを、裁判所目線で分析、検討します。

 また、特に顧問先企業の皆様のために、未だ紛争が顕在化しない段階で事態の早期収拾をはかる方策を能動的に提案します。

 さらに、裁判所に対して、裁判官が受け入れやすい「落としどころ」を提示し、政治色を伴わない社会正義への貢献を目指します。

裁判のイメージ画像

経歴等

昭和50年12月14日:神奈川県生まれ

平成12年3月:中央大学法学部卒業

平成17年11月:旧司法試験2次試験合格(旧60期)

平成18年4月:司法修習生

平成19年9月:松岡・川添法律事務所(現弁護士法人みやざき)にて

       弁護士の業務開始

平成27年5月:加藤法律事務所を開設


趣味:
サーフィン(そもそも宮崎に定住したのは自宅や職場から僅かの距離で波乗りができる環境だったからです。修習生当時より青島に在住しております。海まで自転車で行けることは住居選びにとってとても重要です。ただし体重が増え最近はもっぱら大きいボードに乗っています。)

海外旅行(先進国よりもアフリカ、中南米、アジアが好きです。)

ワイン(「美味しいワインは次の日のゲップの香りが素晴らしい」という名言?を聞いてから興味を持つようになりました。ただ、いつも酔っぱらっているため知識は一向に定着しません。)

その他:最近、鍼にはまっています。

ロゴについて

加藤法律事務所 ロゴ

南国宮崎への愛郷心と、海のように内なる力を秘めつつも、平素は穏やかでいることを趣旨として、このロゴマークとさせていただきました。