日照率が高いという土地柄上、当地は太陽光事業が盛んです。顧問先企業の関係で、当事務所はメガソーラー対応のため、名義人の所在が分からない土地(生年月日からすでに亡くなっていることが明らかな名義人も含む)や、現在の共有者が分からなくなっている土地(繰り返された遺産相続により持分が、数万分のいくつにまで細分化されてしまった土地等)をまとめる作業を数多く実践してまいりました。
 当事務所は、比較的マイナーな分野である共有物分割訴訟だけでも多くの結果を有し、共有関係における他者(被告)の持分を、償金の支払と引き換えに、その持分を意思に反して名義移転させ、原告の単独名義とする判決(全面的価額賠償といいます)を得るためのノウハウ等も蓄積しております。このほか不在者財産管理人などの選任や、法務局との交渉等、事業に必要な土地の集約を全面的にバックアップする体制を整えております。
 同分野については、他府県への出張も可能ですので、まずはお電話にてお問い合わせください。